介護フランチャイズのランキングは必読|失敗しないための防衛策

記事一覧

独立に求める希望

薬局

ポジティブに行こう

独立して薬局を経営しようと考える理由は、もちろん人それぞれではありますが、やはりやりたい事があるからというのが主でしょう。特に薬剤師が薬局経営を考えるケースは多く、会社に縛られる事なく、自分のやりたい仕事をしたいと考えることが多いようです。こうした気持ちは他の職種の人が独立を考える時と大きく差はなく、自己実現のためと言えます。また、そうすることで収入が増えることを期待したり、年齢が進んでもずっと現役で働いていけることに魅力を感じたりする点もあるでしょう。自分の将来性に期待して、アクティブに行動に移るのはとても良いことと言えます。もちろん、経営を安定させるための努力は並大抵のことではありませんし、何かあっても自力で解決しなければいけません。ただ、売上は100%自分で回収することが出来ますし、自分の意思で理想とする薬局を具現化することも出来ます。これほど人生でやりがいのあることはありませんし、チャレンジする意義があるのは間違いありません。一概に言えませんが、薬局経営者の年収の目安は1,500〜1,800万円が目安だと言われています。もちろん、これは経営が安定している店舗であって、周りに競合店があるのとないのとでも大きく変わるでしょう。薬剤師という資格をもってすれば、年収1,000万円は雇用時でも稼ぐ事は不可能ではありませんし、売上が高額とは感じられないかもしれません。でも、会社組織に縛られることなく自分の理想の店舗を展開したいという情熱を実現出来る魅力は、他に代えがたいかもしれませんね。