女の人

ベイザー波の威力に驚きの声!|ふくらはぎの脂肪吸引を受けよう

下半身太りを解消するには

足

足がなかなか痩せない理由

女性が痩せたい体の部位で上位にランクインされるのは、お腹や太もも、二の腕などです。お腹は筋トレやストレッチなどで効果が出やすい部位ですが、太ももやふくらはぎは痩せるのが難しい部位です。足痩せを目指すならば、足太りの原因をしっかりと把握しておく必要があります。まず足太りの原因ですが、むくみ・脂肪・筋肉が挙げられます。むくみは血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出して溜まった状態のことで、足の筋力低下や生活習慣から起こります。脂肪は足太りの原因として最もですが、筋肉の発達も足が太く見える原因となります。自宅で簡単にできる足痩せ法として、リンパマッサージが挙げられます。リンパマッサージは滞った老廃物を流すことで、むくみを解消する方法です。また、セルライトの予防にも役立ちます。しかし、筋肉による足太りの解消は難しいものです。即効で足痩せ効果を得るには、やはり美容整形外科クリニックが確実でしょう。

脂肪吸引とボトックス注射

美容整形外科クリニックで受けられる足痩せ法は、大きく脂肪吸引とボトックス注射に分けられます。脂肪吸引は足痩せだけでなく、お腹や顔など体の様々な部位に使われる方法です。基本的にはカニューレという管を挿入して脂肪を吸引する方法です。手法はチューメセント法やベイザーなど多岐に渡り、それぞれの美容整形外科クリニックによって様々な手法が取り入れられています。切る手術法になるため回復が遅いというデメリットがありますが、即効性があり脂肪による足太りに有効と言えます。一方、ボトックス注射は一時的に筋肉の働きを抑えることで、筋肉の発達を抑え自然にほっそりとした足にする方法です。その名の通り注射するだけなので、手軽な足痩せ法と言えます。効果は個人差がありますが、数カ月から一年程度持続します。しかし注意が必要なのは、筋肉の発達が原因の足太りには効果を発揮しますが、脂肪が原因の場合は効果を望めません。美容整形外科クリニックで足痩せを望む場合、きちんと原因を特定した上で方法を選択することが重要となります。